blog
施設案内 団体概要 アクセスマップ お問い合わせ

これまで何件かお問い合わせをいただいておりますが、「ハートウェアタウン山谷ホールディングス」「カトリック・ヨセフ・ピタウ大司教記念福祉会」など山本雅基氏が代表者となっている諸団体・諸活動と、きぼうのいえは一切関りはありません。

きぼうのいえ理事長 下条裕章

トピックス
2017年07月19日 きぼうのいえニュースレター2017年夏号を発行しました。
2017年07月01日 ブログをはじめました。
わたしたちの希望

きぼうのいえ 祈りの部屋聖家族礼拝堂

山谷・すみだリバーサイド支援機構は、一人ひとりに神から与えられた命がなによりも大切にされることを願って、多くの人々の善意と熱意によってその産声を上げました。そして、真実の和解と平和をともに願い求めます。これがわたしたちの希望です。

  主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください
   憎しみのあるところに、愛を
   分裂のあるところに、調和を
   傷つけあうところに、赦しを
   誤りのあるところに、真実を
   疑いのあるところに、信頼を
   絶望のあるところに、希望を
   暗闇に光を、
   そして悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください。

  聖なる父よ、どうかわたしに
   慰められるよりも、慰めることを
   理解されるよりも、理解することを
   愛されるよりも、愛することを先ず求めさせてください。

  わたしたちは、与えることによって与えられ、
  自分自身を忘れることによって本当の自分を見いだし、
  赦すことによって赦され、
  そして死によって、永遠の命に目覚めるのですから。

この希望をわたしたちが失うことがないように祈りの場所を備えます。そして、ここに生活するすべての人々、この働きのために祈り、支援をしてくださる人々、また開設にあたりご尽力くださった日本聖公会ナザレ修女会の働きを覚えて、聖家族礼拝堂と名づけます。
全能の神が、ここに入るすべての人々を祝福し、その祈りと黙想を助け導いてくださいますように。そしてわたしたちを永遠の命の喜びで満たしてくださいますように。


救主降生2003年10月4日 アシジのフランシスの日

山谷・すみだリバーサイド支援機構

※「きぼうのいえ」は2002年 山谷・すみだリバーサイド支援機構という名称でその活動をはじめました。
 
きぼうのいえが『第66回保健文化賞』を受賞しました!

多年にわたり保健衛生の向上などに貢献した団体と個人に贈られる『第66回保健文化賞』
(第一生命保険主催、厚生労働省、朝日新聞厚生文化事業団などが後援)の受賞団体のひとつに、
きぼうのいえが選ばれました。

これも、日頃からご支援いただいている皆さまのお蔭です。どうもありがとうございました。

10月7日(火)に都内のホテルにて、厚生労働大臣出席のもと贈呈式が行われ、10月8日(水)には、
天皇皇后両陛下への拝謁が予定されています。
今回受賞したのは10団体と5個人で、各受賞団体には賞金200万円が贈られます。

 
きぼうのいえバナー
インターネットでクレジットカード決済
による募金を受け付けています。
こちらからどうぞ >>>
 
     
ウィッシュリスト
ご寄付のお願い
インターネット募金
ニュース
リンク
資料
 
 
 
すべての人々に尊厳ある命の灯火
行き場を失った人々・家なき人のホスピスケア施設「きぼうのいえ

Copyright (C) 2005 Hope House all rights reserved.